« 「ブラック企業」や「ブラック校則」という言葉 | トップページ | 日本を特別視しすぎるな »

2018年2月16日 (金)

残業するな、成果は出せ

残業するな、成果は出せ

東京新聞 社説:医師の働き過ぎ 守られるべき労働者だ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018021502000170.html

医師の働き過ぎの実態が次々と明るみに出ている。医療機関のずさんな労務管理が背景にある。勤務医は医療機関に雇用されている労働者で、健康を守るべき対象であることを忘れていないか。



検査や入院の説明、服薬指導、診断書の作成代行などの業務は医師以外でも可能だ。看護師など他のスタッフとの分担も求めた。速やかに実行してほしい。

有識者会議は今後、患者の診療を拒めない「応召義務」との両立などを検討する。こうした課題のため残業時間の上限規制などを盛り込んだ政府の「働き方改革実行計画」では、規制適用を五年猶予した。だが、現場の疲弊を考えれば適用の前倒しも必要だろう。

医師も労働者であり、労働者としての権利を持つことや、過酷な労働がミスを誘発することには賛成する。だが、この社説が要求していることは、経営者(や管理職)がよく要求する「残業するな、売上は上げろ」というものと同じだ。予算の抑制も要求されたら、追加で「人員削減」や「経費削減」が追加される。

  *         *        *

要求することは権利だし、内容もおかしくはない。しかし、現場にとっては「経費節減せよ」「残業禁止(あるいは残業制限)」「成果は出せ(ユーザからのクレームがあったら許さん)」ということだ。

要求内容は正しくても、立場によっては理不尽なものにはる。

  *         *        *

残業を減らすなら(労働時間を減らすなら)成果が減ることも認めて欲しい。つまり、この場合なら医療の品質低下を認めるということだ(あるいは人員増加≒医療コストの上昇を認めるということだ)。

無理な品質を維持しようとすると、結局は破綻する。我々は医療品質の低下を容認するべきかも知れない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「ブラック企業」や「ブラック校則」という言葉 | トップページ | 日本を特別視しすぎるな »

コメント

雇用の自由化だの規制緩和だのが労働環境に何をもたらしたか言うと軍隊や体育会の「立場の弱いもんをイビる娯楽」が企業にまで蔓延しただけ。

-

赤尾敏
美辞麗句を並べ立てている行政改革。官営のものを民営化すれば、財界の利権になる。民営化して自民党の幹部が大株主になるか、仲間の資本家に安く払い下げる。それで巨額の政治献金を受けるのだ。仮に赤字を出したとしても、政府援助金を出すという形で利権を得る。(1983年)

投稿: mm | 2018年2月23日 (金) 13時52分

国保保険料、平均26%上昇 東京都が18年度算定
最大57%、市区町村は激変緩和へ
2018/2/17 1:00日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27029590W8A210C1L83000/

ーー

KAMEI Nobutaka‏@jinrui_nikki

「国民国家」の呪縛を少しでもほぐし、個人の帰属と言説の自由の権利を守ろうとする言説を述べた時、それに拒絶反応する人たちが多いのは、なぜだろう。
「国家」よりも「○○人」よりも何よりも、尊厳と権利の究極の源泉たる「個人」として生きることに、何か不満/不安でもあるのでしょうか
https://twitter.com/jinrui_nikki/status/966773979481559040


あの文化人類学の先生は国も親も父権的なもんはみんな悪だ、みんなもっと解放されて自由になればいいのにって、60-70年代のフォークやロックなノリで言うてるだけだと思うけれども、個がしっかりした自由人ぽい振舞いで懸命に演技してたの誰かっつうと、あの究極な社畜の電通マンたちよね。

投稿: mm | 2018年2月23日 (金) 19時57分

司令官たちの戦争、僕らの働き方改革

昔からそうだが、男の子が戦争の話をする時には、司令官の目線で語ることになっている。

戦争を夢見る人間は、兵隊の夢なんか見ない。国家の戦争を夢見る人間は、ほかの誰かが死ぬ夢と、凱旋パレードの夢だけを選択的に反芻することになっている。

おそらく、国策や企業戦略についても事情はそんなに変わらない。

この世界のなかで起こるさまざまな出来事を「経営者目線」でとらえることが優秀な人間の基本的マナーですぜ的な、一種不可思議なばかりに高飛車な確信が広がっているように見えるのだ。

 その「経営者目線」は、別の言葉で言えば、「勝ち組の思想」でもある
そういう、決して負けを想定しない勝ち組理論の中では、弱い者や貧しい者や運の悪い人間や恵まれない育ちの仲間は、「自己責任」というよく切れる刀で切って捨ててかえりみないのが、クールな人間の振る舞い方だってなことになっている。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/022200132/?P=2

投稿: mm | 2018年2月24日 (土) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/66398745

この記事へのトラックバック一覧です: 残業するな、成果は出せ:

« 「ブラック企業」や「ブラック校則」という言葉 | トップページ | 日本を特別視しすぎるな »